実際のご相談事例集

ここでは、どんなご相談が実際にあるのかを参考までにご覧下さい。

ここに紹介しているのはほんの一例です。

家計のこと、お金のこと、お気軽にご相談下さい。

秋田市 30代ご夫婦 I様の相談事例

ご相談内容:


これから住宅取得を考えているが、頭金を貯金からいくら出すべきか、そしていくらまでなら借入れしても大丈夫かを知りたい。

また、家計を節約して資金を捻出できるかも見て欲しい。

I様は第一子が無事誕生したばかりで、子供も生まれたのでそろそろ家を建てたいとお考えでした。

 

ご相談の結果

まず、住宅取得に関わる頭金ですが、I様は共働きで奥様もすぐに働きに出るとのことでした。そのため収支のバランス的にもプラスになる期間が長いため貯金を残すよりもある程度大きな頭金を出した方が良いと判断し提案しました。当初考えていた金額よりもかなり大きい金額を提示しましたが、専用ソフトで今後の収支を視覚で把握できたことで安心して頭金を出せるとおっしゃていました。

 

次に住宅取得の予算ですが、ご主人の職業上、今後の昇給はあまり見込めないことや、お子様をもう一人か二人は欲しいという奥様の希望もあり、場合によっては奥様も仕事を変えたい(現在の職場では勤務時間が長いため)とのことでしたので、それを考慮しながら専用ソフトでシミュレーションし決定しました。シミュレーションの際にはローンの種類も試しながら行ったのですが、当初は5年か10年の固定金利を検討していたとのことでしたが、結局は将来に金利の変動リスクを負うのはライフプラン上好ましくないとのことで落ち付き、全期固定型のローンを選択しました。予算は当初考えていたものより多く取れたとのことで、それでも無理なく返済ができることが、これも視覚的に把握できたのが安心に繋がったようです。

 

そして、最期に家計見直しですが、いろいろと家計を見ていくと、現在加入中の保険は将来掛金が上がっていくタイプで、一生涯の保障と思って加入したのに全くそういう保険ではなかったとのことでしたので、必要な保障額を計算しそれに見合った保険に変えることで掛金は約2/3に減り、生涯で支払う掛金総額も約430万円も節約できました。

 

また、将来に備えて資産運用も勉強してみたいとのことでしたので、そちらについても現在アドバイス中です。

また、ご家族での旅行なども楽しみたいというご希望も予算として組み込んであるため、安心して旅行に行けると喜んでいらっしゃいました。

 

もし今回何の相談もせずに住宅取得し保険も続けていた場合、10年毎に保険の掛金は上がり、また、住宅ローンも上がり、お子様の教育費まで家計にのしかかり、奥様の希望も叶えるのは難しかったのではないでしょうか?

 

事前にご相談されて大変良かったと思います。

秋田市 30代ご夫婦 K様の相談事例

ご相談内容:


住宅の取得を検討中だが、いくらまでの返済なら無理なくできるかと、住宅ローンはどうやって組むのが自分達にとって得かを知りたい。

K様お夫婦は最近結婚したばかりで、まだお子様はいませんが、この先を見越して住宅を取得したいとお考えでした。


子供も2人は欲しいというご希望もあり、今共働きで収入のある内にしっかりとした計画を立てたいという思いもお持ちです。また、ご夫婦ともしっかりした収入はあるものの、将来不安(老後や年金等)があってなかなか使えないでいるようでした。


早速ライフプランをお聞きして専用ソフトでシミュレーション。


すると、K様の場合は子供の誕生(3年後に第一子、5年後に第二子でシミュレーション)から15年位はかなりの余裕が見込めます。


また、その他の情報からもいろいろとお話しした結果、住宅ローン返済も多少のリスクはありますが、当初変動金利で組み繰上げ返済を積極的に盛り込んでプランニングしました。


そしてそこから無理なく、且つ希望の家が購入できる予算を設定。

貯蓄額から頭金も設定し、住宅ローンの返済シミュレーションをグラフで出して「目で見て」確認して頂き、安心して住宅メーカーと打ち合わせに行きました。


また、生命保険もムダが相当ありましたのでそこも見直して負担減も実現。

※ご夫婦で約26,000円/月 が約20,000円/月 まで負担減。しかも、奥様は将来掛金が上がるタイプでしたので、総負担額も約350万円以上の削減!


結果、安心して住宅を購入でき、貯蓄額もいくら貯蓄したら後は使えるということが分かったため、ご趣味や旅行などにも積極的に使えると以前よりも外出が増えたそうです。


K様は相談することで、住宅の予算やローン、保険の見直しだけでなく、支出できる金額がわかったことでより人生を楽しめるようになったようです。


本当にお役に立てて良かったです。


秋田市 40代ご夫婦 N様の相談事例

ご相談内容:


住宅を建築したが、ローンが定年後も残るので不安。

家計を見直して繰上げ返済がしたい。

N様は38歳の時に住宅を建て、35年ローンを何の疑いもなく勢いで家を買ってしまった(本人談)という40代のサラリーマンです。

 

パート勤務の奥様と高校生のご長男と中学生の次男の4人家族。N様は秋田県では有名な企業にお勤めで年収は秋田では高め。そのため銀行もすぐに融資をしてくれたとのことでした。

 

しかし、このご時世で給料も思ったほど上がらず、また、子供の学費や部活動の費用も掛かるため、ほとんど貯金もできていないこともあって将来に大きな不安を持っていらっしゃいました。

※相談中には「年金って本当に貰えますかね?」と年金への不安も口にしていました。

 

さて、N様のキャッシュフロー表(将来のお金の予想グラフ)を作成し、それを見ていくと、お子様が二人とも大学生になった頃から家計は大赤字!貯金が底をつくどころかマイナス、つまり借金しないと維持できない予想となりました!

しかも、その後赤字から回復するどころか老後も赤字が続きます…完全に破綻状態です!

※退職金をもらった年だけ黒字もすぐに貯金が枯渇…

 

N様ご夫婦が絶句されているなか「家計見直し」スタートです!

 

まず、住宅ローンを確認!金利が高めのローンでしたので金利を見直します。できれば年数を減らしたいところでしたが、荒療治になりそうなので年数はとりあえずそのまま、家計を見直して繰上返済を検討します。住宅ローンの借換えで約600万円の削減!

 

そして生命保険も見直します。更新型の保険ではなかったのですが、貯金にもなるということで高額な保険にご加入されていました。保険で貯金をするメリットとデメリットをお伝えしたところ、保険で貯金はN様にとって良くないとお気づきになりましたので、保障を中心とした保険へ切り替えました。また、不要と思われるものや保障が重複しているものもあったため解約をしたり整理をすることで、約380万円の削減!また、削減した分の一部を資産運用に当てることで将来の貯蓄にします。

 

また、細かいところでは、携帯電話のキャリアを揃えたり、プランの変更をアドバイスしたりで年間約6万円の削減もしました。

 

そうして再度キャッシュフロー表を見ると退職後のマイナスが消えています!お子様お二人の大学入学までは期間が短いので多少のマイナスは残りましたが、これなら現実的に対処可能ということでしたので、とても安心できたと感謝頂きました!

※節約家計のコツをお伝えしたところ、奥様もこれなら取り組める!とおっしゃっていました。

 

今後も資産運用等でサポートをしていきながら、N様の家計を見守っていきます。

 

お役に立てて本当に良かったです。

クルール秋田版(4月号)に記事が掲載されました。

サービス内容

ライフ・デザイン・ラボについて