2020年

2月

14日

情報は人生成長の機会!

こんにちは。

ファイナンシャルプランナーの土田です。

 

遂にコロナウイルスで死亡者が出てしまいました。

感染しても症状がないと普通に生活して、感染者を増やしてしまう可能性があるのは非常に怖いです。マスクや手洗いうがいなど自衛手段を駆使して乗り切りましょう(汗)

 

今日の日経新聞一面から

日経新聞2/14朝刊 「企業の終身年金、支払抑制可能に」

https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20200214&ng=DGKKZO55574510T10C20A2MM8000

 

以下引用

長寿化で企業年金(総合2面きょうのことば)の負担が増している。公的年金を補完する位置づけだが、長生きする人が増え、受給者が亡くなるまで払う終身年金の企業負担が膨らむ構造だ。企業の財務負担を抑えるため、厚生労働省は平均余命が延びたら年間の支給額を減らせる仕組みを2021年度にも導入する。高齢者の老後資金を確保するには、就労環境の整備も欠かせなくなる。

引用終わり

 

記事の通り、企業年金の終身年金を減額可能にして企業負担を減らすことが可能になりそうです。

 

いわば、「会社が老後も面倒を見る」時代の産物である「終身企業年金」ですが、もはや時代に合わなくなってきたということでしょう。

 

特に、こういった「企業年金」制度がある会社のほとんどは所謂「大企業」です。

 

大企業では、退職金制度を一部「確定拠出型」に移行して、運用リスクを社員に移転していますが、その際に「金融教育」をしっかり行うところもあります。

 

企業としては「老後の面倒まではしっかり見れないけど、金融教育の機会は与えるので、自分で運用などして何とかしてね!」というメッセージですね。

 

東京などでは私の様な独立系FPなどを講師として、労働組合員向けにセミナーを開催するところも増えていると聞きますし、今後もこういった「自助の援助」的なものが福利厚生として定着していくかも知れませんね。※秋田でも昨年から数件そういったお問合せを頂いております!

 

 

日本の高齢化は、その水準、速度、そして奥行きで世界に例をみない、高齢化の課題先進国と言われていますが、こういった大きな危機を乗り越える上では、「健康寿命」と「資産寿命」をいかに伸ばすかが大切であり、これには行政や企業だけでは難しく、結局のところ「個人」の意識・行動が大切と思います。

 

最近のコロナウイルスでの政府や厚労省の対応に対して、「後手後手だ」とか「危機感が足りない」などという意見を多く耳にしますし、私もそう思っていますが、翻って、では自分はどうだろうか?と自問するとどうでしょう。

 

「人の振り見て我が振り直せ」と言いますが、私も様々な分野で、後手後手になっていることや危機感が足りないところなど、胸に手を当てれば「人の事言えないな」と思う事も多々あります(汗)

 

勿論、コロナウイルスの様な喫緊の問題では批判の声をあげる事も大切です。

 

しかしそれと同時に自分の胸に手を当てる機会にすることも、自分の成長のために必要ではないかと思いました。

 

という事!?で、既に「老後は国や会社が守ってくれる」時代ではありません!

 

こういった情報も、今を大切に生きながら、将来の安心にも種を植える。そういった新時代に対応した「資産形成」、そして「健康増進」と健康を不幸にも失ってしまった場合に備えた「リスクマネジメント」など、人生全体を考えた「ライフプランニング」をするきっかけにして人生を成長させられれば良いですね!

 

FPと一緒に考えたい!という方はこちらからお問合せ下さい。

 

今日もありがとうございました。

2020年

2月

12日

「AI×ライフシフト時代」の到来に対応するために

こんにちは。

ファイナンシャルプランナーの土田です。

 

昨日は秋田駅前で相談業務がありましたので、初めて秋田駅のスタバに寄ってきました。

試験勉強している風の学生が多く、東京と変わらぬお客さんの量もあり、秋田っぽくない雰囲気!?の中で読書と仕事をしてきました()

 

読んだ本は「人生100年時代の新しい働き方」という本ですが、冒頭に「AI×ライフシフト時代に求められる新しい働き方」とあり、「漠然とした不安の正体」として「AI」と「ライフシフト」を挙げています。

 

AIは生活が便利になるような良い面もありますが、AIに仕事を奪われるという「AIとの競合」が激しくなる面もあります。特に日本は先進国の中でロボットの導入余地が一番高い(日経&フィナンシャルタイムズの調査)ようで、「雇用の不確実性」が増すことは避けられないということです。

 

また、寿命が延びていることによる「ライフシフト」も大きな問題です。

 

本の中では「学歴を武器に条件のよい仕事に就き、40年近く脇目も振らずに働いて、その間の蓄えを元手に60歳で退職し、趣味を中心とした第二の人生を送る」といったこれまでの「職業人生の成功法則」は成立しなくなる。また「寿命が100年になるとして、80歳まで働くと仮定すれば60年近く職業人として過ごさなければならない」と書いています。

 

そしてリンクしてくるのは「AIとの仕事の奪い合い」がある中で「長く働く」ためには「ロボットに代替できない人間ならでは、自分ならではの価値やスキルを持ち、それを職業人生を通じて刷新しつづけていく」ことが必要で、更に「そこに楽しみ」をみつけることも重要だとしています。

 

そこで本書には「生産性を高め、パフォーマンスを最大化する5つの力と14のスキル」という新しい働き方に関する具体的な方法を記載しており、大変参考になりました。ご興味ある方はぜひご一読下さい。

 

そして、今日の日経新聞には「AI」に関してこんな記事がありました。

日経新聞2/12朝刊「先端特許10分野、AIなど中国9分野で首位 日米を逆転」

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55092420R30C20A1SHA000/

 

以下引用

10年後の技術覇権を競う米中、置き去りにされる日本――。人工知能(AI)や量子コンピューターなど先端技術の特許出願を分析したところ、中国が10分野中9分野で首位に立った。百度(バイドゥ)やアリババ集団などネット大手の台頭が目立つ。一方、特許の質では上位100位中、64を米企業が占めた。次世代の競争力を占う先端技術開発で米中が激しく競う一方、日本は水をあけられている。

引用終わり

 

記事では2005年と2017年の特許出願件数順位を比較し、10分野中4分野で首位だった日本が1位から陥落し2位すら2分野になっているという、これまた「日本の凋落」を表したような現実を紹介しています。

 

AIに仕事を奪われる」の「AI」が他国の技術である場合と自国の技術である場合では大きな差があり、記事にもある通り「技術覇権は国の競争力そのものを左右する可能性がある」訳です。特にこれまで、自動車や家電といった製品を開発し世界を席巻した「技術立国」であり、資源には乏しい国である日本が、次世代の基幹技術で後れをとるのは致命的です。

 

反対に10分野中9分野で首位になった中国は、「知財強国」を目指す方針を2015年に固め「中国製造2025」を打ち出し、研究開発費に巨大な予算を付け2017には日本の3倍にあたる508千億円を投じているようです。(首位はアメリカの556千億円)

 

とはいえ、特許の「質」の部分では、

以下引用

中国は質での劣勢を補うため、191月に知財を専門に扱う法廷を最高裁に設置するなど知財戦略を強化している。日本は特許出願で05年まで30年超にわたり世界首位だったが、実用化や規格争いで後手に回り多くの産業分野で競争力を失った。今後、中国は保有特許を生かし商用化やサービス開発で先行できるかがカギを握る。

引用終わり

 

となっており、まだまだ日本も巻き返しができる可能性がありそうです。

 

1番に返り咲けるよう技術者の方に予算を付け頑張って欲しいですし、私たちも「AI」に負けないスキルを身に着けることや、人生100年時代に対応した、資産形成・ライフプランで、新しい時代をより良く生きて行きたいですね!

 

そういえばスタバには「保険屋さん」の商談が何件か見られましたが、保険商品での資産形成(個人年金保険・学資保険・終身保険など貯蓄性のあるもの)は時代に合っていません(増えない上に出し入れなど不自由)。くれぐれも「貯金より増えるなぁ」など安易に加入しない方が良いですよ!

 

そういった提案を受けている方やもう加入してしまったという方は、ぜひご相談下さい。

 

ご相談はこちらからどうぞ。

 

今日もありがとうございました。

2020年

2月

08日

市場の動きから、改めて「目的」の重要性を考える

こんにちは。

ファイナンシャルプランナーの土田です。

 

新型肺炎の実態も少しずつ解明され、致死率はそこまで高くないことも明らかになってきましたし、治療についても効果が認められるようなものも出てきており、少しは安心できる状況になってきたようです。とはいえ、豪華客船の問題や中国を始めまだまだ感染のピークは先になるでしょうから油断はできませんので、変わらず警戒して行動したいと思います。

 

 

今週は新型肺炎の影響で世界経済に暗雲が立ち込め、春節明けで再開する上海市場を始め、世界的な株の下落を予想される方が多かったのではないでしょうか?(もちろん私もその一人)

 

しかし、株価は予想に反して一時の下落から大きく反発、上昇し、NYダウも昨夜下落したとはいえ29102ドルと29000ドルを回復。日経平均も24000円は回復しませんでしたが、23827円となり3日の終値22971円から大きく上昇しています。

 

しかし、新型肺炎の影響で中国では多数の感染者や死者が出ており、日系企業も工場の稼働が出来ず、経済的には予想通りの悪材料が出そろっているのですが、何故株価が上昇しているのでしょうか?

 

それは各国の動きにありそうです。

 

中国では公開市場操作で約18兆円もの資金供給を行うと発表するなど市場に対して積極的に介入していますし、日経新聞の記事によれば、日本の年金を運用しているGPIFが中国と共同で為替介入し円安誘導したのでは?という情報もありました。

 

また、アメリカでは大統領選において民主党が候補を一本化するのに難航し、トランプ大統領の再選確率が上がったという向きや雇用統計などプラス材料も重なったこともあるでしょう。

 

そもそも日欧米の低金利・流動性供給策に支えられた市場であり、特に日本では10月以降の景気の低迷が明らかにも関わらず株価が上昇していたなど、心情的にも「実態経済と合わない」と感じていた方も多かったかと思います。

 

今回の市場の動きからも改めて感じたのは、市場の予測は難しいという事であり、短期投資では個人投資家は機関投資家に勝つのは難しいという現実です。

 

実際の売買でも、直近での日本市場で個人投資家による買いのピークは1/20前後の24000円付近となっており、その後の下落で慌てた方も多くいたようです。為替でもまさか円安方向に向かうと思ったトレーダーは少ないと思いますので、FXなどで損失を出した方も多そうですね。

 

という事で、やはり資産運用をギャンブルにしないためにも、個人の投資は「長期・分散(時間・資産)」投資が一番です!

 

株価が上がっていて、投資に興味を持った方でも、今回のような相場を見て「やっぱり怖い」と思わずに、自分の人生に必要なお金を得るために「長期・分散」で投資をしていきましょう。

 

その為には、人生の「いつ、いくら掛かる?」を計算して、そのお金を準備するために最適な手段を検討し、実行することが大切です。

 

目的意識が低いと投資も続きませんし、ついつい「ギャンブル」的な投資に手を出してしまいます。

 

運用大手の米バンガード社でのレポートに「アドバイザーがいることの利回りに対する価値は年間で+3%」と書かれています。特に投資行動への助言が大きいとされており、ここからも、「目的を持って運用すること」の効用が見て取れますね!

 

資産運用をスタートしてみたい!という方も、既に運用しているけど不安があるという方も、ぜひ「目的を明確化」して運用をしてみて下さい。

 

「目的の明確化」や「資産運用の知識など」についてアドバイスが欲しいと言う方はぜひご相談ください。

 

 

ご相談はこちらからどうぞ。

 

今日もありがとうございました。

2020年

2月

05日

国の対策よりも国民の対応力!疫病でも高齢化でも

こんにちは。

ファイナンシャルプランナーの土田です。

 

月曜日に東京へ出張してきましたが、新型肺炎の影響で、行きの飛行機はガラガラでした。

また、東京でも中国籍と見られる方や、日本人でも観光と思われる方も少なく普段より全然人がいなくて驚きました。

 

やはり日本人は危機意識が高い(マスク率も当然高かったですし)と思いましたね!※危機意識のある国民の代表である議員さんが危機意識ないことは問題ですが…

 

 

さて、少子高齢化の対策として、危機意識の低い!?国も少しずつ改革をしてきています。

日経新聞2/5朝刊 「70歳現役社会へ一歩 シニア雇用、法改正案閣議決定」

https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20200205&ng=DGKKZO55243240U0A200C2EE8000

 

以下引用

少子高齢化が進むなか、「70歳現役社会」を見据えた法整備が進み始めた。政府は4日、70歳までの就業機会の確保を企業の努力義務とする高年齢者雇用安定法などの改正案を閣議決定した。意欲のある人が長く働ける環境を整える狙いだが、企業には人件費の負担増につながる可能性もある。企業が活力を保てるよう、年功型賃金など雇用慣行の見直しも欠かせなくなる。

引用終わり

 

少子高齢化は社会全体に大きな影響を与えていますし、これが今後も進んでいくことを考えると様々な対策が必要です。

 

日本の社会保障制度は「現役世代が高齢者を支える」仕組みになっていますが、支える側が減り支えられる側が増えるという構造なので、常識的に考えて維持できません。

 

そこで、国はこれまで、支える側の負担を大きくしてきましたが、それだけでは不十分ということで、今後は「支える側を増やし、支えられる側を減らす」方策を実行しようとしています。

 

その一つが今回の労働関連の改正法案ですし、外国人労働者(移民)の受け入れもその意味もあるでしょう(とはいえ移民も年齢を重ねれば支えられる側になりますけどね)。

 

具体的には、「高齢者」を一括りにせず、70歳までは起業で働くことで年金を貰わずに「支える側」に立ってもらう方を増やすこと(狙いは定年制の廃止方向。75歳まで働く方を増やしたい)であり、その為に、若い内から「副業」を推進し定年などで企業で働けなくなってもフリーランスとして働けるよう「自助努力」を促すことも盛り込まれていますね。

 

また、年金も75歳までの繰り下げが可能になりそうですから、多くの高齢者が働く事で年金を繰り下げ受給し、「支えられる側」から「支える側」へ回ってもらおうという国の姿勢が見えてきます。

 

金融ジェロントロジー(老年学)という言葉がありますが、長寿社会においては「健康寿命」と「資産寿命」を伸ばすことが重要であり、その一環としても「長く働くこと」は大変良いことと思います。

 

ですから基本的にはこういった施策には賛成ではあるのですが、民間企業(特に中小企業)への負担は大きいですし、年功序列賃金体系や雇用の流動性が低い(中途採用に厳しい)という雇用の慣例からしても難しい問題も多くあります。

 

また、個人のライフプランという観点でも大きな変化が必要であり、何歳まで働くのか?高齢になってからのキャリアはどこでどのような仕事をするのか?ということも考え、その準備をしておく必要が出てきました。(日本でもキャリアプランの重要性が増したと言えるでしょう)

 

そして一部企業では既に「定年廃止」「ジョブ型人事制度」「起業支援」などを取り入れて、時代の変化に対応してきています。

 

やはり国の問題を解決するのは政府や官僚主導ではなく、結局国民が変化に対応していくのが先で、それに政府や官僚が気付いて後押しする形になる(なので後手後手になってしまう)のですね(汗)

 

とはいえ、制度的にもそのようになっていくのであれば、積極的に人生を考えて計画し、行動していくしかありませんね!

 

やはり、「ライフプラン」がより重要になります!

 

ご自身でという方は「ライフデザイン」という本などをご参考にして下さい。

第三者のサポートを受けながらという方はぜひ「ライフデザインラボ」へご相談ください!()

 

ご相談はこちらからどうぞ。

 

今日もありがとうございました。

2020年

1月

31日

ミドリムシで空を飛ぶ!バイオ燃料が世界を救う!?

こんにちは。

 

ファイナンシャルプランナーの土田です。

 

 

 

WHOが遂に新型肺炎を緊急事態宣言しました。

 

世界中で感染が拡大しており、日本でも感染者が14人となっていて潜伏期間が2週間と考えると来週以降も拡大しそうです。

 

 

 

そういった新型肺炎の影響もあり景気への先行き不安から昨日の日経平均は約2カ月ぶりの安値となり、22,977円と23,000円を割り込みました。※日経平均先物は110円のプラスで終えましたが31日の市場はどうなるでしょうか。

 

 

 

そんな中ですが、今日は新型肺炎ではなく日経新聞のこんな記事を紹介致します。

 

 

 

日経新聞1/30 Web版 「ミドリムシのバイオ燃料、国際規格を取得 ユーグレナ」

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55070730Q0A130C2MM0000/

 

 

 

以下引用

 

藻類の一種のミドリムシから搾った油を活用した航空機向けのバイオ燃料が世界で初めて国際規格を取得したことがわかった。ユーグレナなどが開発したもので、同社は8月にも実際の航空機での導入を目指す。バイオ燃料は従来のジェット燃料に比べて二酸化炭素(CO2)の排出量を減らせるため、環境に配慮した燃料として広がりそうだ。

 

今回取得したのは、米国試験材料協会(ASTM)が定める「D7566」という規格で、全世界の民間機への供給が可能になる。ミドリムシ以外では、サトウキビなどを原料にした5つのバイオ燃料がこの規格に認められている。既にルフトハンザ・ドイツ航空などがこれらのバイオ燃料を使用し、世界20カ国で計20万回飛行している。

 

引用終わり

 

グレタさんの活躍!?もあり環境問題も注目される課題でありますが、ミドリムシで空を飛べる時代が来そうです!

 

 

 

ユーグレナ社が研究を続けていた「バイオ燃料」が国際規格を取得し、いよいよ実用化に向けて進みそうです。

 

 

 

CO2排出が原因で、飛行機での移動を欧州では「飛び恥」というようですが(やはりというかスウェーデン発!Flygskam(フリュグスカム)という様です)、鉄道に比較すると1キロを移動するために乗客一人あたりで5倍ほどのCO2を排出するとの事です。(国土交通省試算)また、世界の航空会社全体で排出する二酸化炭素の量は、すべての二酸化炭素排出量の2%を占めると言われており、グレタさんはヨットや鉄道で移動しているのはこれをアピールするためなのでしょう。(グレタさんには諸説ありますが…)

 

 

 

二酸化炭素が地球温暖化の原因かどうかも諸説あり、(温暖化自体にも諸説ありますが)こういった事が地球にとって良いかは分かりませんが、確実に言えることは、二酸化炭素の削減に世界中で研究開発が行われていて、そこには世界中の政府と民間企業などの大きな予算が組まれていることです。

 

 

 

資産運用においても「ESG(環境・社会・ガバナンス)投資」が国連責任投資原則(PRI)として掲げられており、私たちの年金を運用しているGPIFもこの原則に署名しており、実際に投資対象となっています。

 

 

 

そんな中で今回の「ミドリムシ燃料」は世界中で注目されることと思います。

 

 

 

また、記事の中で「都市ごみ」を原料とするバイオ燃料もあり、実際にキャセイパシフィックやユナイテッド航空で利用されているようで、ごみが燃料になることに少し感動しました()実際どんなごみがどの程度の燃料になっているかは分かりませんが、ごみで空を飛ぶなんて凄いですね!

 

 

 

そして、この「ミドリムシ燃料」を開発した「ユーグレナ」社は何を隠そう、私が唯一愛用している健康サプリも作っている会社です!

 

 

 

お客様にはたまに話しますが、数年前にこのユーグレナ社の緑汁に出会い、愛用することで長年私を悩ませていた「アトピー性皮膚炎」のような症状が快復し、それ以来、ほとんど症状が出ていません!(あくまで私個人の意見です。アトピーが治ることを保証するものでもありませんので悪しからず)

 

 

 

そんな恩と縁のある会社が、こういったバイオ燃料の開発まで成功させたことを嬉しく思いますし、近い将来は出張の度「ミドリムシ」で空を飛べると思うと感無量ですね!

 

※尚、当事務所のロゴ等が緑なのは、ミドリムシとは関係ありません()

 

 

 

こういった新しい技術がどんどん日本から出て、衰退国という汚名を返上して欲しいですね!

 

 

 

 

今日もありがとうございました。

クルール秋田版(4月号)に記事が掲載されました。

サービス内容

ライフ・デザイン・ラボについて