住宅メーカー関連会社からの保険提案にはご注意を

こんにちは、

 

秋田の家計見直しプランナー、土田茂です。

 

今日は最近増えてきている、住宅メーカーの関連会社からの保険提案についてです。

 

ライフ・デザイン・ラボには、住宅購入に合わせて家計を見直したいという方がご相談にみえます。

当オフィスは金融機関だけでなく、どこの住宅メーカーにも当然所属しておりませんので、家計の見直しは基より、住宅取得に関しても公正な立場からプロとしてアドバイスをしております。


 

しかし、最近は住宅購入時は保険の見直しの好機ということで、住宅メーカーが関連会社を保険代理店にして保険の提案をしてくるケースも増えているようです。

 

もちろん、住宅購入時は保険もしっかり見直す好機(お客様からみても)ですので、そのこと自体は良いと思います。

 

ただ、そういった代理店には残念ながら住宅を売れれば良いという、本末転倒な保険提案をしているところが少なくないようです。※人生で一番と二番目に高い買物なのに本当に酷い!!

 

生命保険も保障の観点ではなく「掛金を安くする」(住宅資金捻出のみが目的!?)ことに注力していたり、火災保険もきちんとした説明もなくプランを並べているだけ。(そうされたら安いのに加入しませんか?)質問をしても満足のいく回答が得られないという事も珍しくありません。

実際今回の相談者のケースでは私が説明すると内容にびっくりされてました。火災保険は35年の契約で長期に渡ってマイホームを守る保険にも関わらず!

 

もちろん全ての住宅メーカーの代理店がそうだとは言いませんが、これではお客様の利益(メリット)を全く考えない、お客様をまるで、食い物にしているようなものです。

 

そして、住宅もメンテナンスなどの保全が大切ですが、保険もそうです。

 

以前、ご相談者から、住宅を建ててまだ間もないが、雨漏れが酷いので火災保険は使えないのか?というご相談を受けました。(因みに私は火災保険の担当者でもありません。住宅メーカーの関連で火災保険に加入したが、住宅メーカーが信用できないということで相談にみえました)

 

屋根などは瑕疵担保責任といって、10年間は住宅メーカーが保障し、無償で修理しなければなりません。

 

しかし、その住宅メーカーは修理をする気もなく、電話にも出ないそうです。(社長が担当で留守にしていると言われるそうです)

雨漏れを修理しないわけにもいかず、自費で修理をしたそうですが、売ってからの「保全」を疎かにする住宅メーカーは本当に酷いと思いました。

 

果たして、住宅を売るために生命保険を売ったり、手数料目的で火災保険を売るような住宅メーカーがきちんと保全までできるのか???ましてや保険という異業種分野でも…。


 

皆様もそういった「火災保険はこちらの会社で加入下さい」という提案を受けた際には、納得いくまで質問して下さい。

そして、この人(会社)になら安心して任せられる!というところまで行ったら信頼できる業者さんだと思います。(保全についてもしっかり聞いてみることをお勧めします)


もし、納得できない、安心してこの人(会社)には任せられないということがあれば、ぜひプロに相談されることをお勧めします。

 



現実には住宅もプロで保険もプロな住宅メーカーはなかなか無いとは思いますが…。

 

※関連会社でなく、私のような独立系FPに依頼をしてくる住宅メーカーはありますし、私が依頼を受ける条件は、「ライフプランやキャッシュフロー表次第では住宅購入に反対することもある」ことを了承頂いてから受けています。そして、そういった住宅メーカーさんと話していると、売ってからの保全(アフターサービス)がその住宅メーカーの強みともおっしゃいます。私もそういった会社以外とは提携したくありません。(ですので、私がライフプラン相談で登場する住宅メーカーさんは安心して良いですよ(笑))

 

 

決して安易に「安い保険提案」に乗らず、「安心できる保険提案」に乗って下さい。

 

今日もありがとうございました。

 

クルール秋田版(4月号)に記事が掲載されました。

サービス内容

ライフ・デザイン・ラボについて