生活苦しい家庭が過去最高を更新!


こんにちは

秋田のファイナンシャルプランナー、土田茂です。



今日は仙台出張から帰って来ました!

仙台は暑かった(汗)秋田は夏でも夜は涼しいのが嬉しいですね!


家に帰りPCを開くとこんな暗いニュースが…。


==転載開始=

2013年の1世帯当たりの平均所得が前年比1.5%減(8万3000円減)の528万9000円となったことが2日、厚生労働省の国民生活基礎調査で分かった。生活が「苦しい」と感じている世帯の割合は14年7月時点で過去最高の62.4%に上り、同省は、同年4月に消費税率を8%に引き上げたことなどが影響していると分析している。

 1世帯当たりの平均所得はここ10年で最も低く、データが残る1985年以降では4番目の低さ。非正規雇用の増加などが背景にあるとみられる。
 世帯種類別の平均所得は、65歳以上の人のみか、65歳以上と18歳未満で暮らす「高齢者世帯」は2.8%減の300万5000円。18歳未満の子供のいるすべての世帯で見た場合は3.4%増の696万3000円だった。
 生活意識は、「大変苦しい」が29.7%、「やや苦しい」が32.7%。両者の合計が「苦しい」で、今回までの最高は11年7月時点の61.5%。一方「普通」は34.0%で、「ややゆとりがある」3.2%、「大変ゆとりがある」0.4%だった。 

==転載終わり==

アベノミクスで株価は上がっていますが給与はやはり上がらない。

そして消費増税の影響もあり生活は苦しくなった家庭が増えたという結果です。

更にこれから原油価格も上昇するともっと物価が上がります。


こんな時代ですから、お金にも働いてもらわないと生活は厳しくなる一方ではないでしょうか?もちろん自分に投資して給料を上げることも大事ですが、もう資産運用から逃げることができない時代だと改めて痛感しました。

今日の仙台出張では資産運用の最新情報とノウハウの吸収をしてきました。一般の方と一緒に勉強したのですが、危機感を持っているのは女性が多いようです。

このノウハウを早くお伝えしたい!

まずは資産運用されているお客様からお伝えしていきます!


老後の生活は公的な年金だけでは成り立ちません!

資産運用にご興味あるかたはセミナーや直接でお問い合わせ下さい!


今日もありがとうございました。

クルール秋田版(4月号)に記事が掲載されました。

サービス内容

ライフ・デザイン・ラボについて