確定拠出年金の加入範囲拡大は国からのメッセージ!?

こんにちは。

 

秋田のファイナンシャルプランナー、土田茂です。

 

 

1月31日から2日間、東京で確定拠出年金の研修講師をさせて頂きました。

全国のFPや社労士、保険代理店の方向けにお話しさせて頂いたのですが、やはりiDeCo(個人型確定拠出年金)の法改正の影響もありたくさんの方が全国から集まっていました。

 

法改正で今まで加入できなかった公務員や専業主婦(第3号被保険者)の方が加入できるようになったこともあり、連日新聞や雑誌、ネットといったメディアで取り上げられている事も追い風となり加入者も益々増えているようです。

 

以前も書きましたが、確定拠出年金の最大の魅力は税金の優遇がすごいことに尽きるのですが、ここには国のメッセージがあるのです。

 

どんなメッセージかというと、、、

 

もう老後は国に頼らないで!

 

というものです。

 

ただでさえ日本政府は借金が多いことは皆様もご存知の通りですし、消費税や所得税などを増税していこうとしている国が「税金を優遇してでも老後の積み立てをして欲しい」と考えているということです。

 

ですので、もしあなたの会社で確定拠出年金を導入しているならしっかり活用すべきです!

また、残念ながら導入していないのであれば個人型確定拠出年金に加入すべきだと思います。

 

これも何度もお伝えしていることではありますが、人生三大資金(教育、住宅、老後)の中で老後資金だけは準備しなければなりません。(他2つの資金は労働収入があるのでローンという手段もあります)

 

ということで、確定拠出年金にご興味をお持ちの方や、加入しているけど活用法がわからないという方はぜひセミナーにお越しください。

 

今月(2月)は19日の日曜日、午前10時から行います!

 

予約制ですので、もし参加したいという方はお問い合わせ下さい。

 

お問い合わせはこちら

 

今日もありがとうございました。

 

クルール秋田版(4月号)に記事が掲載されました。

サービス内容

ライフ・デザイン・ラボについて