遂に定年70歳へ…

こんにちは。

 

ファイナンシャルプランナーの土田です。

 

今日は遂に金足農業の吉田投手がU-18 で先発したみたいです!

ホームランで3点失ったとはいえ、6回を2安打ピッチング!

次はぜひ勝ち投手になって欲しいですね!

 

さて、そんななか今日の日経電子版ではこんな記事が

 

「働ける年齢70歳に延長 政府検討 企業に努力目標」

 

つ、遂に70歳定年への布石が具体的に出てきました!

65歳定年も導入している企業が少ない中では現実的にどうなるかはわかりませんが、こうしなければ日本は持たないんですよね(汗)

 

少子高齢社会で且つ、人口減少社会であり、社会保障費(年金・医療・介護)が鰻登りに上がっているわけですから、定年を70歳、年金も70歳とか75歳からにしないと持ちません。

 

私は社会保障破綻論者ではありませんが、どう考えてもこの制度のままでは持たないことは明白です。支え手が減って支えられる側が増えている訳ですから当然ですよね。

 

ですが思いっきり社会保障を削減するような政策を掲げると選挙で勝てませんし方法は限られてしまいます。

 

という事で、定年を70歳にして、年金も70歳(75歳!?)からにしてしまおうという方法になる訳ですね。

 

でも、これもそう簡単な問題ではないので、これからの時代はやはり、

 

体の健康(これがないと働けない)と

心の健康(自分の価値を高めることも含め)

そして、お金の健康。この3つの健康がより大切になりますね!

 

今後もそういった社会構造の変化に対応できるFPであるよう精進しなければと思います。

 

今日もありがとうございました。

 

土田

クルール秋田版(4月号)に記事が掲載されました。

サービス内容

ライフ・デザイン・ラボについて