ドコモの4割値下げはどうなの!?

こんにちは。

ファイナンシャルプランナーの土田です。

 

 

先日ドコモが携帯電話の通信料を最大4割の値下げというニュースが出ましたね!

そして18日には携帯料金値下げ法案が衆院で可決されました!

 

以前菅官房長官があと4割は下げられるはずだという発言をされていたのを受けての「4割」なのかは分かりませんが、初報を聞いたときは思い切った値下げプランかと期待しました。

 

しかし(やはりというか…)残念ながら期待外れの新プランになりそうです。

 

ITジャーナリストの石川氏によると、ドコモの新プランは料金形態を「通信料金」と「端末料金」の2種類に分けたもので、既にKDDIやソフトバンクが導入しているプランです。

そして18日に可決した法案もこの「料金分離」を義務付けることが柱ということですから、この法案を受けての新プランと言えそうです。

 

今までは通信料金に端末の値引き名目で端末料金も乗っかっていたため、これを分離する事で機種を長く利用するかたはより安い料金プランが実現できるというものです。

 

ですので、機種変更をバンバンする方には良いニュースとは言えないかも知れません。

 

では機種を長く使う方には良いニュースかというとこれも微妙です。

 

というのも、前述の石川氏のコラムでは、4割安くなるのはデータ容量が1ギガ未満の部分のみという話であり、来年からいよいよ大容量通信規格である5Gが普及するということを考えると、何とも時代錯誤感があるという事です。

※こんなだから5Gでも米中に大きく後れをとったのでは???と言いたくなります!

 

つまり今回のドコモの値下げは、実質的には競合2社に追いついた程度であり、見出しに踊った「4割値下げ」は嘘ではないけど…というものです(汗)

 

これでは3社が談合して料金を下げないようにしていると思われても仕方ないですね。

 

という事で、石川氏のコラムも、「楽天に期待」という内容となっていました!

 

10月に第4のキャリアとして登場する「楽天」がどんな料金プランでユーザーの支持を得ようとするのか楽しみです!※いよいよ私もキャリアチェンジかな?(笑)

 

今日もありがとうございました。

 

 

クルール秋田版(4月号)に記事が掲載されました。

サービス内容

ライフ・デザイン・ラボについて