元本を守る事より大事なこと

こんにちは。

ファイナンシャルプランナーの土田です。

 

以前からですが、投資に関してのセミナーや説明を行うと、「元本が割れるのは嫌だ」という声を聞きます。確かに元本割れは嫌ですし、そうならない金融商品でも資産が増えるなら良いのですが、残念ながら低金利下の日本では、リスクを負って投資をしないと資産は増えません。

 

しかし、元本を守る事よりも大事なことがあります。

 

それは「購買力」を守る事です。

 

お金はモノやサービスを買うためにあるものですが、買う力は「物価」によって変動しています。

デフレ(物価下落)であればお金の買う力である「購買力」は増えるので金利がなくても問題は少ないのですが、インフレ(物価上昇)であれば、購買力は減っていくので、元本を守っても実質的にはお金が減っていることになります。

 

この「実質」で考えると、今後もお金の効率を上げないと厳しいということが見えてきます。

 

例えば年金や給料です。

 

昨年は賃金も8割以上の企業で上がりました。年金も昨年、今年と上がりますね。

これ自体は良いニュースに見えるのですが、物価はそれ以上に上がっています。年金に関しては「マクロ経済スライド」という仕組みがあるので、物価と同様には上がりません。

 

11月実質賃金3%減 20か月連続マイナス 特別給与減響く=毎月勤労統計」ロイター

https://jp.reuters.com/markets/japan/funds/E2CBV7RGA5ID3CYY7JVG22SZBM-2024-01-09/ 

 

2024年度の公的年金額 2年連続増 実質は目減り 厚生労働省」 毎日新聞

https://news.yahoo.co.jp/articles/5e823ce6d2a9f48da49a70d6ecbe095563009cc9

 

社会保障と税金の負担率(国民負担率)も50%近くあり、年々上昇していくことも考えると、ライフプランを考え、お金の効率を上げて生活をすることがより重要になっていくでしょう。

 

お金の効率を上げるには、

・ライフプランを考え「いつ・いくら」必要かを認識すること

・保険や通信費、ローンなど固定支出の無駄を排除すること

・お金にも働いてもらう(適切な資産運用)をすること

が必要です。

 

中でもライフプランを行うことが大事で、これがないと適切な保険も運用もできません。

 

2024年のスタートにぜひ、ライフプランを作成することをお勧めします!

 

自身で行いたい方はこちらもご参考下さい。

 

お問合せはこちらからどうぞ。

 

今日もありがとうございました。

 

 

クルール秋田版(4月号)に記事が掲載されました。

サービス内容

ライフ・デザイン・ラボについて

NPO法人日本FP協会HP内の

私のページはこちらからどうぞ